埼玉・川越労働問題相談所 >  賃金残業代

賃金残業代

業員にとって賃金は、生活を支える重要なものです。

正当に業務を行っても会社が、なにかしら理由を付けて約束通りの賃金を支払ってこないことがあります。

その場合には、法的手段により会社に対して賃金の支払いを求めるしかありません。

また、近年の経済状況から企業においては従業員が減らされ、1人の従業員の負担が大きくなり残業時間が増えている傾向にあります。

にもかかわらず、支払われるべき残業代が正当に支払われていない場合が多くの職場で見られます。

このページでは、圧倒的にトラブルになることが多い残業代についてその請求方法や計算方法を紹介していきます。

残業代とはなにか

残業代とは、おおまかにいって正規の労働時間以外に行った労働に対して発生する賃金です。

法律上、従業員に従事させてもよい労働時間は一日8時間、週40時間と限定されています。

その時間を超えた労働や、深夜の労働、本来休むべき休日にした労働について発生する賃金をまとめて残業代といいます。

もっと見る

残業代の計算方法

残業代を会社に請求する場合には、残業代がいくら発生しているのか、従業員の側で計算をしなければなりません。

本来労働時間を把握して、割増賃金を計算して支払うのは会社の業務ですが、会社がこれを計算せず、支払をしない場合には従業員がこれを行うしかありません。

もっと見る

残業代を請求する方法

残業代がいくら発生しているのかわかったら、それを会社に支払うよう請求することになります。

もっと見る

弁護士法人ポート 川越中央法律事務所 法律相談・ご予約(受付9:30~18:00)049-223-4422

このページの先頭へ