埼玉・川越労働問題相談所 >  配転・出向  > 不当な出向命令を受けたときの対応

不当な出向命令を受けたときの対応

1 出向とはなにか

出向とは、現に就職している会社の従業員としての立場を残したまま、他の企業においてその労務に従事させる人事異動のことです。

いまいる会社の従業員で有り続けるか否かという点で、「転籍」と区別されます。

「転籍」は、それまで就職していた会社から別の会社の従業員に変更になることを意味しますので、全く別の会社に新しく就職するということを意味します。

出向は、実質的には従業員が他の会社内で仕事をすることになる制度ですので、従業員の生活に大きな不利益が生じることになります。

 

2 出向命令が違法になる場合

会社が行う配転命令が違法になる場合として

 

①労働契約の内容から出向を命じることができない場合

②配転が人事権の濫用になる場合

 

があげられます。

 

①の例として、まず出向という制度がその会社において人事異動の制度として制定されており、その内容も人事異動の手段としての相当性があるものとなっていることが必要です。

出向は従業員が、いままでとは異なる会社で仕事をすることになる制度ですから、単純に就業規則で「出向を命じることができる」という規定があればよいというものではないのです。

 

②の場合としてあげられるのが、例えば、会社がその従業員をやめさせることを目的として、従業員の住所地から遠方にある会社の出向を命じる場合などがあります。

出向を命じるためには、会社側に真にその出向を命じる必要性があり、その必要性からみて従業員が受ける不利益が相当といえる程度でなければならないのです。

 

必要性と相当性がない場合、会社が出向を命じることは会社の人事権の濫用となり認められないこととなります。

 

3 不当な出向命令への対処方法

不当な配転命令があった場合には、まずは会社に対して出向命令を撤回するように求めます。

その際には、撤回の意思を示したことを後々の証拠として残すため、配達証明付内容証明郵便で会社に通知をした方がよいでしょう。

その際には、なぜその出向命令が無効であるのか、理由を記載するようにします。

そのような通知を送付し、会社と交渉したとしても会社の態度が変わらない場合には、法的手段をとるしかありません。

出向命令の違法・無効をもとめて労働審判・民事訴訟などの法的措置をとることとなります。

 

配転・出向

→不当な配転命令を受けたときの対応

→不当な出向命令を受けたときの対応

弁護士法人ポート 川越中央法律事務所 法律相談・ご予約(受付9:30~18:00)049-223-4422

このページの先頭へ